東京の貸事務所では西日が入るところを避ける

賃貸マンションでは南向きが好まれます。その次が東であったり東南などになるのでしょう。北向きとなると日差しが入りません。西向きは昼から西日が強く差し込みます。冬などはいいですが夏には非常に暑くなることがあります。西や北の物件は好まれないとされます。住宅においては洗濯物を干したり布団を干したりといろいろな目的がありますが、オフィスであればそこまで日差しを求めるわけではありません。東京の貸事務所では、基本的には方角はあまり関係ありません。南や東である必要はありません。日差しがあっても照明は必要です。冷暖房も必要です。北向きだと日差しの影響を受けにくいので安定して仕事がしやすいと言われます。避けないといけないのが西です。夏に西日が差し込むと仕事がし難いです。夕方などは社員も仕事のラストスパートをする時間ですから、その時に邪魔になります。

東京の貸事務所で自転車置き場があるか

賃貸住宅を利用するときに意外と見過ごしがちなのが自転車置き場です。行ってみるとすでにたくさん駐輪されていて入居した後に困りそうなことが想像されます。ファミリーで利用する場合は自転車の数が制限されることもあり子供用は自宅に持ってこないといけない場合があります。オフィスにおいては基本的に自転車置き場などは考える必要がありませんでした。自動車を考えるかどうかぐらいです。ところが最近は自転車通勤をしたい社員が増えています。ビルに駐輪場がない場合ビル周辺に違法駐輪して注意されることがあります。東京の貸事務所を利用する時、自転車置き場がどのようになっているかを見ることもあります。人数としてはそれほど多くないですが、1台でもあるとそれが問題になることがあります。会社としてもその分負担が減りますから社員の自転車通勤は認めたいです。

東京の貸事務所で築15年と築25年

中古物件を購入する時、賃貸に入居するときに見るところとして建物の築年数があります。古ければそれだけ建物自体が心配なことがあります。設備に関しても古いと感じることがあります。新しいのであれば当然設備も新しくなります。新しいとその分賃料が高くなる、物件の価格が高くなるなどの問題もあります。価格の面で折り合いが付けば15年を選びやすいほうが良ければ25年を選びそうです。東京の貸事務所を選ぶときにも同じような考えで良いかですが、必ずしもそうではありません。25年を選んだほうがいいこともあります。建物に関しては20年ぐらいで設備の見直しをしたり外観の塗替えなどを行うようです。15年の建物は15年前の設備ですが、25年前の建物は5年前ぐらいに変更した設備のことがあります。賃料は25年とのことでこちらのほうが安いので、どちらにとっても得になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*