東京の貸事務所でIP電話対応にできるか

ビジネスを行う上で必要なものとして電話があります。携帯電話があればいいと考えがちですが、お客さんが会社に問い合わせるのは固定電話になります。今はビジネスも広がっていますから日本国内以外にも海外と取引をすることもあります。電子メールでやりとりできるときはいいですが大事なことは電話などで確認をすることもあります。電話を使えばその分電話料金がかかります。東京の貸事務所においてはIP電話対応にできるかがあります。通常の電話回線ではなくインターネットの回線を利用した電話で、電話料金などが格段に安くなります。光ケーブルを利用したひかり電話などもあります。国内においてはどこにかけても同じ通話料になりますから、全国に顧客を持っているのであれば最初からそちらにしたほうがいいでしょう。ビルのほうで対応していれば導入も早くなります。

東京の貸事務所で無線LANへの対応

インターネットに接続する方法として有線と無線があります。パソコンがどちらに対応しているかによりますが、パソコンがLANケーブルを接続できるなら有線に対応できます。また無線LANに対応したモデムが内蔵されていればこちらも利用することができます。対応していなければUSBなどを通して対応できるようにすることは可能です。無線であればケーブルを這わす必要がなくなります。東京の貸事務所において無線LANへの対応が可能かどうかがあります。部屋自体がそれほど大きくなければ問題ありませんが広かったり多くの人が利用するならそれなりにアクセスポイントを設置する必要があります。こちらについては一定の工事などが必要になるかもしれません。設置をすることが可能かどうかは聞いておく必要があります。配置してから使えないとなると困ります。

東京の貸事務所でアナログ回線の利用が可能か

電話回線にはアナログ回線とデジタル回線があります。アナログ回線は1回線で一つの通話しかできませんがデジタル回線なら電話用、FAX用などと2通話利用できるなどメリットがあります。かつてはデジタル回線だとパソコン通信でもアナログ回線よりも速いなどがありましたが、今は別の技術がありますから特に変化はないでしょう。基本的には電話用にはアナログ回線が多いようです。東京の貸事務所においてアナログ回線の利用が可能かどうかがあります。場合によってはデジタル回線しか利用できない場合があるかもしれません。その時は増設してもらうか、別の所を利用するしかありません。ファームバンキングシステムにおいてアナログ回線を利用するタイプがあります。そのために必要になることがあります。インターネットバンキングもあるので利用するケースは減っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*