東京の貸事務所に入居するときの工事の種類

住宅においては引越をするときは荷物を運びこむだけです。古いマンションを購入するときはリフォームをすることもありますが、賃貸の場合は持ち物ではありませんから勝手に工事などをすることはできません。しかしオフィスに関しては少し異なります。一定の工事をした上で荷物を運び込んで仕事ができるようにしていきます。東京において貸事務所に入居する時打ち合わせで工事の種類が出てきます。A工事、B工事、C工事と言われる工事があります。A工事はオーナーの費用負担でオーナーが行う工事です。入居時に関係していくるのはまずはB工事です。入所者の費用負担でオーナーが施工する工事になります。電気に関わる工事などはこちらに該当します。C工事は入居者の負担で入居者自身が工事を行います。それほど大きなことはできず、間仕切りを設置したりするレベルになります。

東京の貸事務所で入口の扉の変更

小売店などではガラス張りなどにして店内を見えるようにしたほうがお客さんに入ってもらいやすいと言われます。おしゃれにするために飾りをつけすぎたりすると中が見えなくて入りづらくなります。いいお店でもなかなか来てもらえないこともあります。オフィスにおいては基本的には中を見られることはありませんし、逆にあまり中を見せたくないこともあります。ただしお客さんがよく来るオフィスもあります。東京の貸事務所において入り口の扉の変更ができるかです。多くのオフィスの扉は鉄製などで中の様子などは見えないようになっています。その扉をガラスタイプにすることで外からでも見えやすいようにしたい場合があります。ショールーム等を設置するようなオフィスにおいてはこのようにすることでお客さんが入りやすくすることがあります。扉はビルの持ち物ですから、変更可能かどうか確認します。

東京の貸事務所で分室として利用

会社には本部、営業部、開発部等があります。営業部において規模が拡大してきたことにより手狭になることがあります。会社全体で移転をすることも考えられますが組織が大きいと大変です。本部や開発部においてそれほど人員の変動が考えられないのであれば営業部のみ移転をすることがあります。このような場合を分室と呼ぶことがあります。同じビル内で別の階を利用したり、全く別の場所に出すこともあります。東京の貸事務所において、分室として利用する場合にどうするかがあります。営業部など本部との連携がそれほど強くない場合には問題が少ないです。一方で本部機能の中の経理部のみを分室として出すようになると連携がしにくくなって問題になります。また経理部は機密情報なども多いですからセキュリティの面でも望ましくありません。どのような部署を分室として出すかも考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*